壮年茂吉

「つゆじも」〜「ともしび」時代

北杜夫

1993年7月31日

岩波書店

2,200円(税込)

人文・思想・社会

歌人であるとともに精神科医でもあった茂吉。医専教授就任、ヨーロッパ留学、病院焼失と再建への奔走と、激動の十年の軌跡をたどりつつ、臨床医としての、また生身の人間としての茂吉像を、茂吉中期の秀歌の新しい読み解きと興味深いエピソードとともに描きあげる。『青年茂吉』に続く、作家北杜夫の新しい世界を示すユニークな形式の力作評伝。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください