にごりえ/たけくらべ改版

岩波文庫

樋口一葉

1999年5月31日

岩波書店

462円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

酌婦の身を嘆きつつ日を送る菊の井のお力のはかない生涯を描いた「にごりえ」。東京の下町を舞台に、思春期の少年少女の姿を描く「たけくらべ」。吉原遊廓という闇の空間とその周辺に生きる人びとに目を向けた一葉の名篇を収める。改版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

6

読書中

3

既読

12

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

一葉の儚さ

-- 2020年11月18日

にごりえ・たけくらべ 樋口一葉 前髪が伸び切らぬ初嶋田。格子にとどまる紅入りの友禅は可憐しき姿、或る霜の朝水仙の作り花は懐かしい淋しい清き姿。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください