墨東綺譚改版

岩波文庫

永井荷風

1991年7月31日

岩波書店

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

取材のために訪れた向島は玉の井の私娼窟で小説家大江匡はお雪という女に出会い、やがて足繁く通うようになる。物語はこうして〓東陋巷を舞台につゆ明けから秋の彼岸までの季節の移り変りとともに美しくも哀しく展開してゆく。昭和12年、荷風(1879-1959)58歳の作。木村荘八の挿絵が興趣をそえる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.24

読みたい

4

未読

4

読書中

3

既読

31

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください