小僧の神様 他十篇

岩波文庫 緑46-2

志賀 直哉

2002年10月16日

岩波書店

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

志賀直哉は、他人の文章を褒める時「目に見えるようだ」と評したという。作者が見た、屋台のすし屋に小僧が入って来て一度持ったすしを価を言われて置いて出て行った、という情景から生まれた表題作のほか、「城の崎にて」「赤西蛎太」など我孫子時代の作品を中心に11篇を収めた、作者自選の短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

6

未読

6

読書中

2

既読

10

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください