明治の東京

随筆集

岩波文庫

鏑木清方 / 山田肇

1997年9月30日

岩波書店

660円(税込)

小説・エッセイ

代表作「築地明石町」などにみられるように、鏑木清方(1878-1972)の画は、明治の東京の庶民生活を描いて他に類がないといわれるが、彼のエッセイもまた、江戸や明治への郷愁を誘う美しい小品として忘れられない。「銀座回想」「明治の東京語」など38篇を精選。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

2

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください