幕末維新パリ見聞記

成島柳北「航西日乗」・栗本鋤雲「暁窓追録」

岩波文庫 緑117-2

井田 進也

2009年10月16日

岩波書店

770円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

徳川幕府崩壊とともに三一歳で隠居し、ヨーロッパを一民間人として漫遊した成島柳北(一八三七ー八四)。幕府外国奉行として渡欧した栗本鋤雲(一八二二ー九七)。祖国のために観察した現役の外交官鋤雲と、心の赴くままに漫歩した自由人柳北の、二つの西洋見聞録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2021年11月20日

『明治波濤歌』の下巻にパリでの成島柳北が描かれていたので。幕末パリガイド的な本。小著ながらスグレモノ。

全部を表示

あまり

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2021年07月10日

『明治波濤歌』の下巻にパリでの成島柳北が描かれていたので。幕末パリガイド的な本。小著ながらスグレモノ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください