風と光と二十の私と/いずこへ

他十六篇

岩波文庫

坂口安吾

2008年11月30日

岩波書店

1,001円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

安吾、安吾、安吾ー安吾とはいったい誰か。坂口炳五はいかにして安吾になったのか。“求道者・安吾”、“落伍者・安吾”、そして何よりも“作家・安吾”。冷徹に現実を見つめる“鬼の目”、そして“いたわりの視線”。安吾にとって、自伝的作品を書くことは、自分の思想や生き方と自分の過去との全面的対決であった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

4

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください