日月両世界旅行記

岩波文庫

サヴィニヤン・シラノ・ド・ベルジュラック / 赤木昭三

2005年1月31日

岩波書店

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『日月両世界旅行記』は、月世界と太陽,ロケットや気球まがいの着想、鳥の王国、別世界の住人との対話など、奇想あふれる二篇の滑稽譚、天地創造、霊魂不滅とキリスト教思想の枠を次々に破壊し、17世紀フランスの社会と制度を痛罵する、大胆な諷刺と政治観ー自由思想の風雲児、〈鼻のシラノ〉の、SFに先駆けるユートピア小説、代表作。新訳。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

lutece

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

いわゆる空想ユートピア小説。 けったいな装置を編み出してそれで宙を舞ううちいつのまにやら月の帝国に着いていて……とかいう話だった、ような気がする(記憶が確かならば)。 著者はエドモン・ロスタンの戯曲で有名な大鼻のシラノ。

全部を表示

lutece

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

いわゆる空想ユートピア小説。 けったいな装置を編み出してそれで宙を舞ううちいつのまにやら月の帝国に着いていて……とかいう話だった、ような気がする(記憶が確かならば)。 著者はエドモン・ロスタンの戯曲で有名な大鼻のシラノ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください