職業としての学問

岩波文庫

マックス・ヴェーバー / 尾高邦雄

1980年11月30日

岩波書店

506円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

第1次大戦後の混迷のドイツ。青年たちは事実のかわりに世界観を、認識のかわりに体験を、教師のかわりに指導者を欲した。学問と政策の峻別を説くこの名高い講演で、ウェーバー(1864-1920)はこうした風潮を鍛えらるべき弱さだと批判し、「日々の仕事(ザッヘ)に帰れ」と彼らを叱咤する。それは聴衆に「脅かすような」印象を与えたという。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.5

読みたい

14

未読

9

読書中

2

既読

25

未指定

68

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください