チベット

岩波新書

多田等観

1942年4月30日

岩波書店

836円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

著者は十九歳のとき印度に渡り、一年有余の苦心の結果チベットに入国し、外国人として初めて許されてラマ教団の僧院に入り、十年間ラマ教の研究に没頭した。本書は著者が親しく見聞したチベットの地理風俗政情について叙述したものである。チベットの人文も政治組織も、またその自然すらもラマ教と不可分の関係に存することを説いている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください