魔女狩り

岩波新書

森島 恒雄

1970年6月20日

岩波書店

880円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

西欧キリスト教国を「魔女狩り」が荒れ狂ったのは、ルネサンスの華ひらく十五ー十七世紀のことであった。密告、拷問、強いられた自白、まことしやかな証拠、残酷な処刑。しかもこれを煽り立てたのが法皇・国王・貴族および大学者・文化人であった。狂信と政治が結びついたときに現出する世にも恐ろしい光景をここに見る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.75

読みたい

5

未読

3

読書中

1

既読

13

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください