新しい文学のために

岩波新書

大江健三郎

1988年1月31日

岩波書店

836円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 新書

文学とはなにか、文学をどのようにつくるか、文学をどのように受けとめるか、生きて行く上で文学をどのように力にするかー本書はこれから積極的に小説や詩を読み、あるいは書こうとする若い人のための文学入門である。著者は文学の方法的・原理的な問題について考えを進めながら、作家としての生の「最後の小説」の構想を語る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください