生物進化を考える

岩波新書

木村資生

1988年4月30日

岩波書店

990円(税込)

科学・技術 / 新書

ダーウィンによって確立された進化論はどのように発展していったのか。分子生物学は進化論をいかに豊かにしたのか。進化の道筋は現在どのように考えられているのか。革命的な「分子進化の中立説」を提唱して世界の学界に大論争を巻き起した著者が、『種の起原』から中立説までの進化の考え方をやさしく説き、人類の未来にも想いを馳せる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.15

読みたい

15

未読

3

読書中

2

既読

8

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください