現代日本の保守政治

岩波新書

内田健三

1989年3月31日

岩波書店

619円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

保守政治はなぜ続くのか。その構造はどう変わりつつあるか。支配体制の腐蝕はどこまで進んだか。佐藤長期政権の時代から“三角大福鈴”5代による混迷の模索、さらに中曽根を経て竹下に至る4半世紀の歩みを検証し、自民党政治の特質を浮かび上がらせる。長い取材経験を生かして、代議士の生態やカネとの結びつきにも光をあてる好著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください