イラク戦争と占領

岩波新書

酒井啓子

2004年1月31日

岩波書店

814円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

短期間でイラク戦争を終結させたアメリカ。だが、その占領統治は相次ぐ武力抵抗によって混乱の極みに陥っている。亡命イラク人を重用しようとしたアメリカの目算はなぜ狂ったのか。イスラーム政治運動の拡大は、ポスト・フセイン体制をどのようなものにしていくのか。一三年ぶりの現地訪問を果した著者が、イラク「解放」の現実を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

이라크 전쟁과 점령

starstarstarstar
star
4.2 2020年03月24日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください