俳句世がたり

岩波新書

小沢信男

2016年12月31日

岩波書店

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

祭りに相撲、友人の死、敗戦の記憶、そして大震災ー。浮き世の様々な出来事を、武玉川から子規、漱石や荷風、万太郎、現在活躍中の俳人まで、古今の俳句を通じて描く。時に鋭く怒り、時に呵々大笑。名吟佳吟を引きつつしなやかに世を斬る練達の筆に、近年の世相が鮮やかに浮かび、俳句というものの魅力を改めて感じさせる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.7

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください