ルイ・アルチュセール

行方不明者の哲学

岩波新書

市田良彦

2018年9月30日

岩波書店

946円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

現代思想を代表するマルクス主義理論家か、妻を殺めた狂気の人か。光と闇の落差がもたらす眩暈のなかに哲学者は姿をくらます。彼にとっては、「行方不明になる」ことが「政治」であったー知られざるアルチュセール(一九一八ー九〇)の哲学が「スピノザを読むアルチュセールを読む」というかつてない試みを通して浮かび上がる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.8

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください