評伝緒方竹虎

激動の昭和を生きた保守政治家

岩波現代文庫

三好徹

2006年4月30日

岩波書店

1,210円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

朝日新聞主筆として勇名をはせた言論人緒方竹虎は、第二次世界大戦末期に政界入りする。終戦処理の苦労をつぶさに体験し、五五年保守合同をなしとげ、次期自民党総裁と目されながら急逝-一身にして二世を生きた緒方の生涯と精神を、激動の昭和史に即して描き政治の原点を問う本書は、良質の保守政治家も消え混迷を続ける現在の日本政治の指針ともなるだろう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください