ヤモリ、カエル、シジミチョウ

江國香織

2014年11月30日

朝日新聞出版

1,870円(税込)

小説・エッセイ

虫と話をする幼稚園児の拓人、そんな弟を懸命に庇護しようとする姉、ためらいなく恋人との時間を優先させる父、その帰りを思い煩いながら待ちつづける母ー。危ういバランスにある家族にいて、拓人が両親と姉のほかにちかしさを覚えるのは、ヤモリやカエルといった小さな生き物たち。彼らは言葉を発さなくとも、拓人と意思の疎通ができる世界の住人だ。近隣の自然とふれあいながら、ゆるやかに成長する拓人。一方で、家族をはじめ、近くに住まう大人たちの生活は刻々と変化していく。静かな、しかし決して穏やかではいられない日常を精緻な文章で描きながら、小さな子どもが世界を感受する一瞬を、ふかい企みによって鮮やかに捉えた野心的長篇小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.5

読みたい

5

未読

4

読書中

0

既読

19

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

金鯱

 

starstarstar 3.0 2020年02月18日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください