老乱

久坂部羊

2016年11月30日

朝日新聞出版

1,870円(税込)

小説・エッセイ

老い衰える不安をかかえる老人、介護の負担でつぶれそうな家族。地獄のような日々から、やっとひと筋見えてきた親と子の幸せとは…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.13

読みたい

11

未読

3

読書中

0

既読

56

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

【認知症介護、何を感じるか…】

starstarstarstar 4.0 2017年06月22日

認知症の舅、真剣に悩む嫁。 主にこの2人が何を感じているか、その心の中が痛々しく表現されている。 「長生きしてね」は残酷な言葉。 寿命が延びる事で介護がより大変になっていく。 世間体は介護には邪魔だ。 楽しくはないが、読む価値ありの小説でした。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください