小箱

小川洋子

2019年10月7日

朝日新聞出版

1,650円(税込)

小説・エッセイ

小箱の番人、歌でしか会話ができないバリトンさん、息子を失った従姉、遺髪で竪琴の弦をつくる元美容師…「おくりびと」たちは、孤独のさらに奥深くで冥福を祈っている。『ことり』以来7年ぶりの書下ろし長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstar
star
2.74

読みたい

27

未読

5

読書中

1

既読

45

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

まりも

よくわからない。

starstarstar
star
3.3 2020年12月29日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください