南北朝

朝日文庫

林屋辰三郎

1991年1月31日

朝日新聞出版

501円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

南北朝を境に形成された封建社会は、具体的には荘園制の構造的変化、家父長制的な惣領制の解体、附建的小農民の成長という現実となって、この内乱期をいろどることになる。それはあるいは悪党といわれ、あるいは郷民といわれ、さらには国人といわれる人々となって、つぎつぎにその姿を現す…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください