ルポ沖縄 国家の暴力 米軍新基地建設と「高江165日」の真実

文庫

阿部岳

2020年1月6日

朝日新聞出版

814円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

米軍ヘリパッド建設に抗議する市民排除のために集結した、機動隊約500人によるむき出しの「暴力」。さらに激しさを増す保守系文化人・メディアやネトウヨによる「沖縄バッシング」の実態。本土復帰後最悪の「165日」の記録から、この国の民主主義の実像が浮かび上がる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください