街道をゆく(30)

朝日文庫

司馬遼太郎

1993年6月30日

朝日新聞出版

572円(税込)

小説・エッセイ / 旅行・留学・アウトドア / 文庫

ロマー文明の洗礼を受けず独自の文化を築いたアイルランドの地へ…。司馬史観の新たな地平。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

15

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Eugene

「ジョイスの砲台へ」

starstarstar
star
3.1 2020年03月08日

前回のジェイムズ・ジョイス「ユリシーズ」のレヴューで参考としてお勧めした司馬遼太郎さんのアイルランドの紀行文。 この「愛蘭土紀行」のⅠ巻目の19番目のトピック「ジョイスの砲台へ」(今、僕が所持している朝日文芸文庫1993年版では、p.224~)を先ずは、パラパラとめくり軽く読んで頂きたい。 司馬さん独特の語りも、すらすらと読めてしまう。 ジョイス分析 アイルランド分析 これも一つの見識だろう。 この文中に、前回、こちらで書いた内容がポイントを掴んで述べられている。 気軽に読んで頂きたい。 こちらの紀行のⅠとⅡを通して読まれると、司馬ワールドでのアイルランドとジョイス像が柔らかく形成されると思う。 閑話休題。 ビートルズのリンゴ・スターはアイルランド系。 「風と共に去りぬ」のマーガレット・ミッチェルも、アイリッシュ。 アイリッシュの代表的な名前を最後に上げておく。 オスカー・ワイルド イェイツ ピーター・オトゥール ギルバート・オサリバン バーナード・ショー ロブ・カーニー(失礼!ラグビー代表のFB) etc. Eugene

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください