走れ乗合馬車(オムンボス)

由良守応の生涯

朝日文芸文庫

神坂次郎

1995年9月1日

朝日新聞出版

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

偉丈夫にして剣術、馬術に長じた紀州藩士・由良守応ー尊攘運動に加わり、岩倉外交団に従い米英に渡って西洋文明の洗礼を受け、なかでも馬車に心を奪われた。明治七年、野に下った由良は長年の夢の乗合馬車を初めて東京に走らせた。構想十余年、著者渾身の力作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください