見えない暗闇

朝日文芸文庫

山田太一

1998年3月31日

朝日新聞出版

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

45歳の都清掃局課長・松本洋介は仕事も生活も順調で平穏な毎日を送っていた。見知らぬ小男が妻に声をかける日までは…。鵞鳥声の美少女と大男、闇の弔いに集う無数の人々、そしてゴミ処分場の「夜、光るもの」。現実の持つ危うさを描く、山田ファンタジーの秀作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください