街道をゆく(43)新装版

朝日文庫

司馬遼太郎

2009年5月30日

朝日新聞出版

550円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

著者が幾度もその小説の主人公に据えた信長・秀吉・家康を生みながら、なぜか『街道をゆく』の“空白地帯”になっていた愛知県をゆく。体調不良を押して紡いだ7話は分量わずかながら、三英傑が目の前に立ち現れてくるよう。『街道』の連載は急逝により25年で途絶えたが、司馬遼太郎はいつまでも読者の心の中の「街道」を歩き続ける。挿画の安野光雅氏の「司馬千夜一夜」を付載。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください