ガソリン生活

朝日文庫

伊坂幸太郎

2016年3月31日

朝日新聞出版

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死!パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれ…!?車同士がおしゃべりする唯一無二の世界で繰り広げられる、仲良し家族の冒険譚!愛すべきオフビート長編ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(58

starstarstarstar
star
4.07

読みたい

86

未読

76

読書中

14

既読

454

未指定

295

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

伊坂幸太郎「ガソリン生活」

--
0
2019年12月08日

みんなのレビュー (4)

ほしーこ

読み終えたあとすぐ洗車しました。

starstarstarstarstar 5.0 2019年10月03日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

車がしゃべる

starstarstarstar
star
4.7 2021年04月21日

【アクセルを踏んで、人生にライトをつける】 そう、望月家の緑デミと話すのは、お隣の車のザッパで、持ち主は学校の校長先生である。 緑デミ(車仲間からはこう呼ばれているが、緑色のデミオ)の持ち主の、望月家を紹介しておきましょう。シングルマザーの母郁子、長男良夫、長女のぞみ、次男亨の四人家族です。たまたま良夫と亨がドライブ中に乗せた、女優が翌日パパラッチに追いかけられた末にトンネル事故で死んでしまったことから、お話は始まります。 ここは不思議な世界で車たちがお喋りできるんです。でもその声は人間には聞こえない。緑デミは、その女優を先日乗せたばかりだとお隣のザッパに話したことから、車たちは女優の事故をイギリス王室のダイアナ妃に重ね合わせて、噂話や真相に話の花を咲かせます。実は影武者が死んだんじゃないかとか本人はまだ生きてるんじゃないかとか。パパラッチも共謀者で逃がしてあげたんだとか。 事故が起こる前、女優さんを緑デミに乗せたとき、周りから嫌煙されたり、虐められたりしたという話を聞いたとき、「僕もいじめられているよ、子どもらしくないからね」とサラッと兄に話します。次男坊の亨は、子どもらしくない精神年齢の高い小学生で、自分も自覚しています。「まぁ苛めというか、好かれてはいないよね」と本人はクラスメイトの幼稚さもあり、あまり気にしていないようです。自分たちが乗せた女優さんが死んでしまったとなっては気になるのは、車も人間も一緒です。好奇心旺盛なところもあり、亨は良夫とともに自己のもとになったパパラッチを探し出そうとします。 そうこうしているうちに、長女の彼氏が半ぐれのリーダーに脅されて長女も危なくなったり、母親も助けようとして巻き込まれたりと、望月家存続の危機が訪れます。車たちも走行中にすれ違ったりするたびに情報交換したりして、なんとか事態を把握しようと四苦八苦。人間が主人公なのか、車が主人公なのか、いやはやわからなくなるくらい、スピード感あふれる展開。果たして望月家に平穏は訪れるのか? 車たちの心配は、人間の感覚とちょっと違うので、いまそこ心配するとこ!?とツッコみたくなる場面も多いです。ああ、でも車からしたら深刻な問題だ。と思い返すんですけれども。マーチやミニ、アルファロメオ、セルシオ、アウディ・・・・いろんな車が登場します。車種名で呼ばれてる車もあれば、配達便の車なんかは黒ニコというあだ名がついていたりします。日本車と外車では感覚が違うようですし(日本人と外国人の違いのような感覚)。彼らが何よりも恐れるのは廃車になること。これは人間と同じで死を意味するからですかね。イキイキとした車たちの会話がたくさん溢れて、車だってことを忘れてしまうくらい、皆おしゃべりです。 もしかしたら、この世界でも聞こえないだけで、車たちはおしゃべりしているのかもしれないですよ。そう、想像してみたら、なんだか嬉しくなりました。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.9 2019年01月12日

吾輩はクルマである。名前は「緑デミ」。望月家の人々といっしょに暮らす日々。さっぱりタイプの母、おっとりしてるけど頼りになる長男、付き合ってる男のために頑張る長女、小生意気で子どもっぽくない小学生の次男。 突然乗り込んできた美女、彼女を追いかける記者、ひどいことをする悪人、隣の校長先生、いじめっ子といじめられっ子。物語はとんでもない方向に。 クルマ同士のコミュニケーションが楽しい。ことわざや比喩、洒落までクルマ目線。緑デミはいつまで望月家で暮らせるのかな。エンジンが壊れるまで?

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.9 2018年06月27日

吾輩はクルマである。名前は「緑デミ」。望月家の人々といっしょに暮らす日々。さっぱりタイプの母、おっとりしてるけど頼りになる長男、付き合ってる男のために頑張る長女、小生意気で子どもっぽくない小学生の次男。 突然乗り込んできた美女、彼女を追いかける記者、ひどいことをする悪人、隣の校長先生、いじめっ子といじめられっ子。物語はとんでもない方向に。 クルマ同士のコミュニケーションが楽しい。ことわざや比喩、洒落までクルマ目線。緑デミはいつまで望月家で暮らせるのかな。エンジンが壊れるまで?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください