文庫 豆大福と珈琲

片岡義男

2019年4月5日

朝日新聞出版

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

離婚ののち息子を連れて地元に戻ってきた幼なじみの女性と、「結婚」をしないまま新しい「家族」のかたちを探っていく表題作のほか、小説的企みに満ちた「珈琲」をめぐる五つの物語。珈琲にまつわる書き下ろしの自伝的エッセイ「珈琲に呼ばれる人」も収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

6

未読

0

読書中

1

既読

7

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

よっちゃん

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2019年08月08日

洒脱な会話といい、淡々とした筋運びといい、都会的という言葉をあてはめたい。寺尾聡のルビーの指輪を初めて聴いた時の感覚を思い出す。ぜひ、他の作品も読んでみたい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください