脱線者

朝日新書

織田裕二

2007年12月31日

朝日新聞出版

836円(税込)

小説・エッセイ / エンタメ・ゲーム / 新書

自殺を考えた高校時代、辿り着いた結論は、“死ぬくらいなら、何でもできるのではないか?”不惑を迎えた織田裕二が、半生を見つめ直し、同じ時代を生きる読者へ贈る「生きる」ためのメッセージ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

star 1

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください