ヒマラヤのサバイバル(2)

生き残り作戦

かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ

洪在徹 / 鄭俊圭

2014年7月8日

朝日新聞出版

1,320円(税込)

絵本・児童書・図鑑

ヘリコプターの墜落で海抜高度4,000mで遭難したルイ一行。すぐに救助されるという希望もつかの間、突然発生した雪崩に巻き込まれ、恐怖のどん底に。いつ来るか分からない救助隊を待つのではなく、自分たちで山を降りることを決意するが…。しかしヒマラヤの険しい雪山は容易く前進を許してはくれない。チムニーとスノー・ブリッジの崩壊。方向感覚を狂わせるホワイトアウトとリングワンダリング。彼らを待ち受けている苦難の数々…。果たしてルイ行は無事に帰還することができるのか!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

まるいようや6さい

小1の男の子が気に入りました。

starstarstarstarstar 5.0 2020年07月03日

ヒマラヤ山脈は、エベレスト山も近くにあるよ。 山で遭難してしまうお話。 「水を飲みすぎてオタマジャクシになったよ!」と言うところが面白かった。 漫画のところが面白いよ。 「ハクション!」とくしゃみをするところも面白かった。 「こわーい雪男がいるんだよ!」と言っているところも面白かった。 「ふぅ」「はぁ」「ふぅ」と息をしながら山を登るといいんだって。 僕も登ってみたい。 でも遭難はいやだ。 影が大気に映るブロッケンの妖怪というのがすごかった。 最後は救助が来てくれてよかった。 山が好きな人におすすめ。 ヒマラヤがどこにあるかは、ヒマラヤのサバイバルの1巻を読んでね。 おしまい。 だそうです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください