とうさんはタツノオトシゴ

エリック・カール / 佐野洋子

2006年9月30日

偕成社

1,650円(税込)

絵本・児童書・図鑑

ほとんどの魚の場合、かあさんが卵をうんで、とうさんが受精させると、そのまま親魚は卵をおいていってしまいます。けれど、そうではない魚もいるのです。たとえば、タツノオトシゴ、トゲウオ、ティラピア、コモリウオ、ヨウジウオ、アメリカナマズといった種類の魚の卵は、親魚に面倒をみてもらいます。でも、おどろくのは、それだけではありません。なんと子育てをするのは、かあさん魚ではなくて、とうさん魚なのです。ふしぎに思われるかもしれませんが、でも、これは本当の話です。そしてこの本は、そういう魚たちのお話です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

15

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年03月07日

美緒にプレゼント。2012.2.17。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2017年07月18日

しかけがあまり活きてないかな…

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください