大雲払いの夜

小さなスズナ姫

富安陽子 / 飯野和好

1996年10月31日

偕成社

1,100円(税込)

絵本・児童書・図鑑

お正月の前の夜のことを山では「大雲払いの夜」とよんで、山神にとっては一年でいちばんいそがしい夜となります。スズナ姫にとってはじめての大雲払いが近づいたある日、スズナ山の名物である千年桜がなにものかにぬすまれたという知らせがはいります。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください