俺が主人公じゃなかった頃の話をする(part2,)

MF文庫J

二階堂紘嗣

2013年10月31日

KADOKAWA

638円(税込)

ライトノベル

俺は三柴直道。この物語の“主人公”-では、ない。はず、だ。けれどありすは俺を強大な魔力の持ち主だと言うし、スズは俺が滅び行く世界の救世主、麻乃は因果で結ばれた恋人だという。馬鹿な。誰か一人を信じれば、他は全て矛盾してしまうじゃないか。そんな物語みたいなことを俺は信じない。とにかくこの三人との同居の日々を難なく過ごさねば…と思っていた矢先、目の前に現れたのはー。「む、胸を隠してくれ!」「胸?」「ばっちり見えちゃってるんだよっ!」「なるほど、人間とは不便なものだな」-そう、男の浪漫、全裸少女ー…。終わった。かくして俺は『日常系』から遠のいていく。超・日常系学園ファンタジー第二弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください