おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その10

MF文庫J

2013年10月25日

KADOKAWA

638円(税込)

ライトノベル

全てを終結させる『零白夜』とそれを阻む力を持つ『煉獄』たちの対立は今や明らかとなった。世界の終わりを喰い止めるため、彼女たちの選択はー。そして荒谷学園第三旧校舎、古い木造建ての一階にあるゲーム同好会部室。白崎宗司は孤高の美少女森塚一乃、自由奔放な沢村キリカ、溺愛する妹リリスたちと放課後のときを過ごす。…って、アレ!?このあらすじは1巻のアレじゃないか!至高のメイド大会、リアの初ブルマ、あったようでなかったまともな温泉回がついに解禁!?これはー新感覚ラブコメディのようなもの、のようだ!緊迫と混沌の第10巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

8

読書中

0

既読

1

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください