金色の文字使い(2)

勇者四人に巻き込まれたユニークチート

富士見ファンタジア文庫

十本スイ

2014年7月31日

KADOKAWA

660円(税込)

ライトノベル

“勇者”の召喚に巻き込まれ、一般人として異世界にやってきた高校生の丘村日色。ぼっち旅の途中で助けた獣人族のミュア、アノールドとともに、国境を目指して歩みを進めていた。アノールドの提案から、レア食材を求めて山岳フィールドを進む一行。折よく発見した温泉で、長旅の疲れを癒やすことにした。混浴を恥ずかしがるミュアをよそに、マイペースにくつろぐ日色だったが…空から突然、謎の少女ウイが降ってきて!?「ウイはヒイロにナデナデされたい」「わ!大胆だよぉ!?」何かと日色にじゃれつくウイと、それを羨ましがるミュアー新しい仲間の加入で、冒険に、パーティに、波乱の予感!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

8

未読

7

読書中

0

既読

5

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください