金色の文字使い(3)

勇者四人に巻き込まれたユニークチート

富士見ファンタジア文庫

十本スイ

2014年11月20日

KADOKAWA

638円(税込)

ライトノベル

ブスカドル研究所を攻略し、異世界の旅を続ける日色たち。目指す“獣人界”まであと一歩!というところで足止めされていた。国境の街で待ち構えていたのはー宿敵“獣の檻”。「おいおい、どうやって関所越えするんだよ?」「話が通じない相手なら…力ずく?」そんな一行の前に、テニーと名乗る怪しげな絵描きが現れる。同じ獣人ということで、アノールドたちと意気投合したテニーは「この魔法で関所を通るんス!」と手助けを申し出た。彼が“魔法の絵筆”で描き出すユニークな関所突破法とは…!?チート同士が火花を散らす!怒涛の“獣人界”編、突入!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

7

未読

4

読書中

0

既読

5

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください