紅霞後宮物語 第六幕(6)

富士見L文庫

雪村花菜 / 桐矢 隆

2017年6月15日

KADOKAWA

638円(税込)

ライトノベル

康国との戦を決意した文林。行軍元帥に選ばれたのは、班将軍だった。「皇后を」という声は上がらず、そのことに少なからず安堵した文林は、小玉に手柄をあげさせたい反面、死地に向かわせることに躊躇いを感じている自分に気付いてしまう。一方の小玉も、文林に対して感じた溝が埋められず、ざわつく心を持て余していた。さらに開戦を契機に、朝廷では皇太子問題が議題にのぼる。長男の鳳か、小玉を養母に持つ三男の鴻か。皇后としての小玉を守るため、文林は決断を下すー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

21

未読

4

読書中

2

既読

34

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください