しんがりの思想 反リーダーシップ論

角川新書

鷲田 清一

2015年4月10日

KADOKAWA

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

縮小社会・日本に必要なのは強いリーダーではない。求められているのは、つねに人びとを後ろから支えていける人であり、いつでもその役割を担えるよう誰もが準備しておくことである。新しい市民のかたちを考える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.3

読みたい

3

未読

7

読書中

1

既読

11

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

中間団体の衰退

starstarstar
star
3.3 2019年11月18日

近代化に伴う中間団体の衰退により国家や社会と個人がむき出しでつながることにより個人の疎外が進み、それを防ぐにはボランティアやシェアリングなど新しい緩いつながりによる中間団体の再構築が必要だというのは納得。これからの経済縮小とグローバル化への処方はやはり中間団体の再構築しかないだろう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください