ちょんまげ、ばさら

ぽんぽこもののけ江戸語り

角川文庫

高橋由太

2012年1月31日

角川書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“偽ちょんまげ、ちょうだい”騒動が落ち着いたのもつかの間、戦国の世から蘇った亡霊が、江戸湾に現れた。家康が築いた四神の結界が破られれば、町は悪霊や鬼に占領されてしまう。小次郎とぽんぽこは、江戸を護る四神の一角“お鶴ちゃん”を助けるため江戸湾に向かうが、そこには見たこともない大量の亡霊が!次々に現れる戦国の亡者たち。それらを現世に呼び寄せた者は誰なのか、そして江戸の運命は!?小次郎の剣が冴え渡る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.45

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

12

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください