陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五の事件簿1

角川ホラー文庫

藤木 稟 / THORES柴本

2012年10月25日

KADOKAWA

924円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

昭和9年、浅草。神隠しの因縁まつわる「触れずの銀杏」の下で発見された男の死体。だがその直後、死体が消えてしまう。神隠しか、それとも…?一方、取材で吉原を訪れた新聞記者の柏木は、自衛組織の頭を務める盲目の青年・朱雀十五と出会う。女と見紛う美貌のエリートだが慇懃無礼な毒舌家の朱雀に振り回される柏木。だが朱雀はやがて、事件に隠された奇怪な真相を鮮やかに解き明かしていく。朱雀十五シリーズ、ついに開幕。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.3

読みたい

5

未読

9

読書中

0

既読

22

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0

新しいものと古いものとが交差する昭和初期。 神隠しや吉原、士官などが上手く絡んできて面白いなと。 東さんの性格が学生の頃とかなり変わってしまっていたことが、さみしくもありましたが、それがこの時代なのかな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください