おにぎり、ころりん ぽんぽこ もののけ陰陽師語り

ぽんぽこもののけ陰陽師語り

角川文庫

高橋由太

2013年6月21日

角川書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

平家が滅び、月日は流れ、大人となった鬼麿は、鬼の都と化した京で、盗人に成り下がり荒んだ日々を送っていた。そんな中、鬼麿は羽衣狸という美しい妖かしに狸の里という場所へ誘われる。狸の里。そこは、石造りの建物が美しい、異国のような町だった。しかし、待ち構えていた狸の王は鬼麿に告げる。「終わりが近づいている。ぽんぽこを連れて、逃げてくれ」-源平、鬼、狸、そして鬼麿の戦いの結末は!?平安陰陽師活劇、完結!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

3

読書中

1

既読

5

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください