キマイラ(2)

角川文庫

夢枕獏

2013年8月24日

角川書店

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大鳳の目の前で異形の幻獣に変じ、闇の中に消えた久鬼。『このキマイラは、あなたの中にもいるのですよ』久鬼の言葉は、大鳳の心に深い影を落とした。キマイラとは何なのか。自分もやがて久鬼のようになってしまうのか…。大鳳はついに、自分に想いを寄せる美少女・深雪の心配をふりきり、ひとり丹沢山中に姿を隠した。一方、九十九と雲斎は、久鬼の父親が何かを知っているのではと疑うがー。著者渾身の“生涯小説”第2弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

20

未読

9

読書中

0

既読

4

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください