怪盗探偵山猫(鼠たちの宴)

角川文庫

神永学

2015年7月25日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

あるAV女優の遺体がホテルの一室で見つかった。警察は自殺と断定するが、姉の死に疑問を持った妹は、遺されていた鍵を手にバー“STRAY CAT”を訪れる。真相を追う姉思いの彼女に迫る危機とは。鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!これは新時代の鼠小僧か、単なる盗人か!?正体不明の謎の窃盗犯ーその名は“山猫”。超弩級のスピード感、痛快ピカレスク・ミステリー、初の短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.81

読みたい

19

未読

23

読書中

1

既読

85

未指定

89

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年10月11日

短編なのでちょっとずつ読みやすかった。 ドラマとはだいぶ違うストーリーで、ずっとシリーズで続いていきやすい感じ。 この調子で続いていくなら、基本設定忘れなければ年1冊ペースの発行でもついていけそう。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年05月14日

Readeeユーザー

短編集

starstarstarstar
star
4.3 2020年04月08日

悪事を暴きついでに金を盗む神出鬼没の怪盗「山猫」。ちょっとふざけたところがあるけれど悪人からしかお金を奪わず、お金を奪ったついでに、悪人を捕らえる、人を殺めたりしない怪盗です。 鼠たちの宴は短編集なので、ざっくり読んでどういうキャラがどういう感じなのか知りたい人はこれがオススメです。短編集なので、短時間で切り上げたいときなどに良いですね。 黒羊の挽歌は5巻目が続編っぽくつながっているにで、5巻より先に読んだほうが良いです。羊と呼ばれる牧師をめぐるお話です。牧師といっても牧師さんではありません。自分では手を汚さず、口がうまく、人を自分の意思でやったかのように動かし犯罪を完成させてしまう、犯罪コーディネーターが出てきます。それを追いかける狂犬と呼ばれる単独プレーの刑事、山猫、山猫にいいように使われてる雑誌編集者の勝村くん、勝村くんが密かに思ってる刑事のさくらさん、色々な人が結局山猫に振り回されてる感じです。特に勝村くん‥毎回毎回囮に使われてるよね‥(笑) 今回5巻目を久々に読むにあたって読み直しましたが、何回読んでも面白いですね。根城にしてるバーには一度は行ってみたい雰囲気があります。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください