最後の晩ごはん

小説家と冷やし中華

角川文庫

椹野道流

2015年1月24日

KADOKAWA

528円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

兵庫県芦屋市。この街に、定食屋「ばんめし屋」はある。夜のみ営業、メニューは日替わり一種のみ、幽霊すらも常連客…。この不思議な店で、元イケメン俳優の五十嵐海里は、ただいま料理修業中。芸能人としての挫折を乗り越え、常連客で小説家の淡海とも仲良くなり、順風満帆、と思いきや、後輩の若手俳優・里中李英が店を訪れたことで、再び嵐に巻き込まれ…。人の優しさと美味しいごはんに癒される、泣けるお料理青春小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.36

読みたい

27

未読

13

読書中

0

既読

83

未指定

74

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください