江戸裏抜荷記 浪人・岩城藤次(四)

角川文庫

小杉 健治

2014年12月25日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

許嫁だった友江を妻に迎え、江戸で暮らし始めた岩城藤次。剣術道場からの帰り道、老人に奇声を発して襲いかかろうとする浪人を、謎の侍が斬ったのを目撃する。現場に駆けつけた同心の新之助は、その侍の身元を知ろうと、藤次に助けを仰ぐ。数日後、いきなり通行人に斬りかかるという似たような事件が起こる。藤次たちは、元々何日か行方をくらましていた人たちが騒ぎを起こしていることを知るがー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください