櫻子さんの足下には死体が埋まっている はじまりの音(8)

角川文庫

太田 紫織

2015年9月24日

KADOKAWA

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

旭川の四月は、冬と春の境目だ。高校二年生になった僕、正太郎は、親友の今居と、仲のいい女子・鴻上と同じクラスになった。担任は、気心の知れた磯崎先生だ。けれど転校生のゴスロリ少女・阿世知蘭香が、いきなり鴻上に「親友になって」と宣言し、困惑する僕らだけど…。(「ウラトオモテ」)ほか、櫻子さん宅で起きた「殺鳥事件」、一緒に出かけた美瑛の美しい池で見つけた遺体の謎など、櫻子さんの推理が冴える大人気ミステリ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.95

読みたい

29

未読

24

読書中

0

既読

90

未指定

103

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください