春天繚乱(風花の宮と春宵の宴)

角川ビーンズ文庫

九月文

2015年12月26日

KADOKAWA

594円(税込)

ライトノベル

帝の寵姫である叔母・紗子を守るため、宮中に入った透子。手に入れた平穏な日々も、公達が「紗子を女御に」と言いだしたことで一転、ふたたび弘徽殿からの嫌がらせがはじまる。弘徽殿に物の怪が現れたのは紗子の呪詛のせい、と疑いをかけられてしまい、透子は朱雀院の宮と物の怪を追うが、物の怪が現れる先にはいつも、紗子を女御に推挙した若き公達・帥の宮の姿があって…?七星の想いが絡みあう平安恋絵巻、第2弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください