蜘蛛の糸・地獄変

角川文庫

芥川 龍之介

1989年3月20日

KADOKAWA

356円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大正7年、芥川はすでに文壇に確たる地歩を築き、花形作家としての輝かしい道を進んでいた。愛娘を犠牲にして芸術の完成を図る老絵師の苦悩と恍惚を描く王朝物の傑作「地獄変」、香り高い童話「蜘蛛の糸」ほか、明治物「奉教人の死」、江戸期物「枯野抄」など溢れる創作意欲の下に作品の趣向は変化を極めている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.17

読みたい

10

未読

23

読書中

0

既読

53

未指定

83

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください