新釈 走れメロス 他四篇(1)

角川文庫

森見 登美彦

2015年8月25日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

芽野史郎は激怒したー大学内の暴君に反抗し、世にも破廉恥な桃色ブリーフの刑に瀕した芽野は、全力で京都を疾走していた。そう、人質となってくれた無二の親友を見捨てるために!(「走れメロス」)。最強の矜持を持った、孤高の自称天才が歩む前代未聞の運命とは?(「山月記」)。近代文学の傑作五篇が、森見登美彦によって現代京都に華麗なる転生をとげる!こじらせすぎた青年達の、阿呆らしくも気高い生き様をとくと見よ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(20

starstarstar
star
3.63

読みたい

43

未読

33

読書中

9

既読

156

未指定

116

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

森見登美彦「新釈 走れメロス 他四篇」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー (1)

草野雅宗

名作のリメイク

starstarstarstar
star
4.1 2019年11月22日

アレンジの仕方が秀逸。 表題の走れメロスはもちろんのこと それ以外の作品も退屈することなくあっという間に読み終えた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください